記事内に商品プロモーションを含む場合があります

【旅行先で使える!】速乾性の高い「ドライタオル」が必須級な理由

kazu(かず)

こんにちは。「プロぼっちダイバー」kazu(@kazu_anemone12)です。

この記事でわかること
  • ダイビングに行く際に持っていくべき便利アイテムを教えてほしい!と考えている人
  • よく海やプールに行く人、旅行好きな人、ジムに通う人
  • 旅や出張先で最小限の荷物しか持ちたくない人

1日ダイビングするなら、平均2,3本は海に潜ると思います。

海から上がった後にタオルで濡れた身体を拭くのはいいけど、2本目以降はいまいち身体や特に髪の水分が取りにくいと感じた経験はありませんでしたか?

だからといって複数枚タオルを持ってくるのも、かさばるし荷物になります。

そんなお悩みを持っているあなたへ、今回ご紹介したいのが『ドライタオル』。

『ドライタオル』をおすすめする理由は、以下の3つ。

ドライタオルをおすすめする理由【3つ】

①吸水性が抜群!
②絞ればすぐに何度も使える
③かさばらないので、荷物を軽量化できる

ドライタオルは絞ったらすぐに何度も使えるし、荷物に入れても邪魔になりません!

ダイビングだけでなく、下記のようなアクティブなシーンでも活躍してくれますよ!

  • 友達との旅行
  • 日帰り温泉
  • 登山
  • 運動(スポーツジムなど)

ダイビング以外でも使えるので、汎用性◎

今回は『ドライタオル』の紹介をしていきますね。

kazu
kazu
プロぼっちダイバー
Profile
PADIダイブマスター(プロのライセンス)
一人でダイビングを始めて4年(2024年5月まで)で165本
沖縄が大好きで、年4回以上行くことを目標にいきております
【潜った場所】
富戸、IOP、逗子、伊東、大瀬崎、熱海、江の島、川奈、伊豆大島、串本、井田、雲見、八幡野、石垣島、竹富島、黒島、渡嘉敷島、西表島、奄美大島、久米島、宮古島、波照間島
プロフィールを読む

今回ご紹介するドライタオル『GULL ガル スポーツタオル』について

ボクも今でも愛用しているもので、ダイビングや旅行時に毎回持っていきます。


出典:楽天市場

今回ご紹介する『ドライタオル』はMサイズ、MLサイズ、Lサイズがあります。

用途に合わせて購入するサイズを決めればよいかと思います。

出典:楽天市場

色は青色とピンク色の2種類あります。

好きな色を購入しましょう。

『ドライタオル』をおすすめする3つの理由

①吸水性が抜群!

今回ご紹介する『ドライタオル』の一番小さいサイズ(Mサイズ)は【タテ60cm×ヨコ90cm】なのですが、これでも全身濡れた身体を拭きとれてしまいます。

もちろん、濡れた髪も十分に拭けます。

本当にこの1枚で全ての水分が吸収されてるの?と思っても、絞ると大量の水が出てきます。

なので絞る際は、濡れても良い場所で絞るようにしましょう(笑)

同じ大きさの普通のタオルを使おうとすると、濡れた髪で精一杯ですが、ドライタオルなら全身拭けてしまいます。

【タテ60cm×ヨコ90cm】のサイズでも全身拭けるくらいの吸水性がある

②絞ったらすぐに何度も使える

海から出たらシャワーを浴び、タオルで身体を拭きます。

普通のタオルだと、2回目に使用すると吸水性が極端に悪くなりますよね。

天日干しして水分をしっかり飛ばさないと、全然拭けない…

『ドライタオル』なら、水分の吸いが悪くなっても絞ればすぐに元の吸水性が戻り、拭けるようになります!

髪が長い人でも絞ってしまえば、何度も使えます。

また、絞る力もそんなにいらないので、力に自信がない人や女性の方も使いやすいですよ。

『ドライタオル』は簡単に絞れてすぐに何度も使える

③かさばらないので、荷物を軽量化できる

タオルってダイビング旅行に持っていくとなると、

①海に持っていく用
②お風呂で使う用

の2枚は最低でも必要です。

身体全部拭く用となるとかなりデカいし、かさばるんですよね。

今回紹介する『ドライタオル』はA4サイズくらいの大きさで薄いので、スーツケースや器材持っていくバックの隙間に入れればOKなんですよ。

幅も場所も全然とらないので、かさばらないのです!

しかも、この1枚だけを持っておけば

  • ダイビング
  • 温泉
  • 運動(スポーツジムなど)

上記のさまざまなシーンで使えます。

何枚もタオルを持っていく必要が無くなるので、かなりの荷物の軽量化が見込まれます!

旅行に『ドライタオル』1枚持っていけばOK!

ドライタオルは汎用性が高いので、1枚は持っていても損はない!

今回ご紹介させていただいた『ドライタオル』を購入するべき理由を以下にまとめておきます。

ドライタオルをおすすめする理由【3つ】

①吸水性が抜群!
②絞ればすぐに何度も使える
③かさばらないので、荷物を軽量化できる

この1枚だけを持っておけば、海から上がった時やお風呂上り、アウトドアやジムなどの複数のアクティブなシーンで使えます。

また、身体を拭く以外にも、濡れた水中カメラの水を拭き取る用に買っておくのも便利かもしれません。

ドライタオルは「買ってよかったランキング」1位、2位を争うほどのものでしたね。

kazu
kazu

まじで、購入して損しません。

おすすめです。

以上が参考になれば嬉しいです。

ありがとうございました。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

ABOUT ME
kazu
kazu
プロぼっちダイバー
PADIダイブマスター(プロのライセンス)
一人でダイビングを始めて4年(2024年5月まで)で165本
沖縄が大好きで、年4回以上行くことを目標にいきております
【潜った場所】
富戸、IOP、逗子、伊東、大瀬崎、熱海、江の島、川奈、伊豆大島、串本、井田、雲見、八幡野、石垣島、竹富島、黒島、渡嘉敷島、西表島、奄美大島、久米島、宮古島、波照間島
記事URLをコピーしました