記事内に商品プロモーションを含む場合があります

魅力ってなに?

【なぜハマる?】ダイビングする人の特徴を徹底解説!【6選】

kazu(かず)

こんにちは。「プロぼっちダイバー」kazu(@kazu_anemone12)です。

  • 自分にダイビングができるのか不安…
  • ダイビングにハマる人の特徴とは?
  • 結局、ダイビングって何が楽しいのかわからん…
よくある疑問
よくある疑問

ダイビングに興味があるものの、上記の悩みを持つ人は多いです。

せっかくお金と時間をかけてやるなら、自分がダイビングに向いているかどうか知っておきたいですもんね!

そこで今回は、「ダイビングにハマる人の特徴」について徹底解説していきます。

ダイビングにハマる人の特徴は、以下の通り。

ダイビングにハマる人の特徴
  1. 自然に癒されたい人
  2. 生き物が好きな人
  3. 探検が好きな人
  4. 1人が好きな人
  5. 旅行が好きな人
  6. とにかく海が好きな人

この記事を読むことで、ダイビングをする人ってどんな人なのか、どんな理由で始めているのかを学べますよ。

今回挙げた特徴に1つでも当てはまれば、ダイビングを始める価値は十分にあります!

以下の記事では、「1人でも安心してダイビングを始める方法」を徹底解説しております。ご参考にどうぞ。

あわせて読みたい
1人でも後悔しないダイビングの始め方をプロダイバーが徹底解説!
1人でも後悔しないダイビングの始め方をプロダイバーが徹底解説!
ダイビングライセンスを取得しよう!
cカードを持っていない人はこちら!
お試しでダイビングしてみたい人はこちら!

【ハマる人の特徴】ダイビングする人の特徴を6つ紹介

ダイビングにハマる人の特徴は、以下の通り。

ダイビングにハマる人の特徴
  1. 自然に癒されたい人
  2. 生き物が好きな人
  3. 探検が好きな人
  4. 1人が好きな人
  5. 旅行が好きな人
  6. とにかく海が好きな人

順に紹介しますね。

①自然に癒されたい人

海や山などの自然に囲まれるのが好きな人は、ダイビングにハマります。

↑沖縄の透明度高い海と白い砂浜が綺麗(Photo by kazu-anemone12)

↑ボートから眺められる景色(Photo by kazu-anemone12)

写真を見ればわかりますよね。海の美しさ。

普段生活していたら絶対に味わえない景色を、ダイビングを始めれば堪能できますよ。

一度ダイビングでしか味わえない景色で癒されたら、ハマること間違いなし。

②生き物が好きな人

特に水族館が好きな人は、ダイビングにハマります。

実際にボクも小学生の頃から水族館が好きで、よく親に連れてってもらいました。

小学生の頃の夢は、水族館の飼育員になることでした。今でも海の生き物は大好きです。

kazu
kazu

もちろん水族館で見る生き物達もかわいいですが、水槽の中なので一定の距離でしか観察できません。

しかし、ダイビングでは野生の環境下での生き物達を間近で観察できます。

↑肉眼でも確認が難しい生き物(おそらくウミウシ)(Photo by kazu-anemone12)を見つけたり、

↑穴の中にいるマツバギンポを見つけたり(Photo by kazu-anemone12)、

↑大量のキビナゴの群れに遭遇したり(Photo by kazu-anemone12)、

↑洞窟探検中にネムリブカに出会ったり(Photo by kazu-anemone12)、

↑自分よりデカい生き物(マンタ)に出会えるかも!(Photo by kazu-anemone12)

水族館では決して味わえないような生き物の様子や迫力を体験することができます。

もちろん生き物に触ったり、無理に近づきすぎるのはNG!

野生の環境なので、見たい生き物を必ず見れる訳ではありません。

しかし、ダイビング中に出会えたときの感動は計り知れないですよ!

③探検が好きな人

ダイビングでは、洞窟スポットや沈没船、海底遺跡があるスポットを巡ることができます。

冒険心が強い人や探検が好きな人は、ハマるきっかけになると思いますよ。

↑雲見の洞窟スポット(Photo by kazu-anemone12)

↑熱海の海に沈む沈没船(Photo by kazu-anemone12)

↑宮古島にある洞窟スポット(Photo by kazu-anemone12)

陸より、水中にある洞窟の方がわくわくしませんか?(笑)

探検が好きな人は、ダイビングにハマること間違いなしです。

④1人が好きな人

ダイビングは「1人の方が始めやすく、ハマりやすい」と考えております。

理由は、以下の通り。

  • 1人の方が計画を立てやすいから
  • 1人で来ているダイバー(ぼっちダイバー)が多いから

複数人で行くと予定を合わせないといけません。自分が行きたい日程で行けない場合があります。

しかし1人なら、自分の都合で日程を決めて、自分のペースでダイビングできます(月に1回潜りたい!など)。

また、1人で来ている「ぼっちダイバー」さんはとても多い。

実際にボクもぼっちダイバーですが、ファンダイビングに参加しても「お1人様」の方が多かったですね。

割合でいうと、「7~8割」ぼっちダイバー

1人で行くと寂しいとか、集団の中で浮いてしまうと考えるかと思いますが、ぼっち仲間は思いのほかたくさんいるので安心してください。

むしろ、1人で自由に計画ができるので続けやすいですよ!

⑤旅行が好きな人

ダイビングにハマる人の中で、旅行好きな人もたくさんいます。

なぜなら、ダイビングを始めると旅行先の候補がかなり増えるし、ダイビングきっかけじゃないと行かない場所があるから。

皆さんは「ダイビング=沖縄」というイメージを持つかと思いますが、実は日本全国にダイビングが存在することをご存知でしょうか?

PADI公式サイト(日本のダイビングスポット

上記のように、日本だけでも複数のダイビングスポットがあります。(青丸以外にもありますよ)

一部紹介すると、

  • 北海道の「知床」
  • 仙台の「女川」
  • 伊豆諸島
  • 和歌山県の「串本」
  • 愛媛県の「愛南」

むしろ、ダイビングしてないと行く機会ない場所もありますね(笑)

kazu
kazu

また、海外にもダイビングスポットがあります。

  • カリブ海
  • 南太平洋
  • インド洋、太平洋
  • 地中海

有名どころだと「モルディブ」や「パラオ」、「グレートバリアリーフ」など。

ダイビングライセンスを取得すれば、日本だけでなく世界の色んな海を巡ることが可能です。

なので、旅行好きな人で「旅先の幅を広げたい!」という目的でダイビングを始める人もいます。

逆に、ダイビングをきっかけに旅行好きになった人も多い!

⑥とにかく海が好きな人

ダイビングにハマる人の10割は「海が好き」です。

「これは当たり前だろ!」と思うかもですが(笑)

ボクがダイビングを始めたのが「海が好きだから」という理由なので、書かせていただきました。

kazu
kazu

少し、海について語らせていただきます。

海の最大の魅力は、眺めているだけで心が落ち着くところ

↑渡嘉敷島の阿波連ビーチ(Photo by kazu-anemone12)

↑夕日をバックに眺める海は、とてもチルですね(Photo by kazu-anemone12)

↑もちろん、水中もとても綺麗(Photo by kazu-anemone12)

ただ眺めているだけですが、不思議と心が洗われる気持ちになります。

現代社会で会社員として働いていると、どうしても心の中にある「もやもや」が積もってきますよね。

  • 仕事でミスして怒られた…
  • 満員電車がストレスすぎる…
  • 集団で働くのに疲れた…

上記のような要因で、「もやもや」がどんどん蓄積されていくと、心と身体が疲弊してしまいます。

しかし、海を眺めていると、そんな「もやもや」など途端にどうでもよくなります。

なんか、自分が悩んでいたことがちっぽけに感じてしまうんですよね。

kazu
kazu

海の壮大さか、神秘的な何かがあるのかわかりませんが、海には人の悩みを吹き飛ばす能力を秘めていると考えております。

話が少しズレましたが、「海を眺めるのが好き!」という人はダイビングを始めてみてはいかがでしょうか。

ダイビングライセンスを取得しよう!
cカードを持っていない人はこちら!
お試しでダイビングしてみたい人はこちら!

ダイビングに向いていない人は?→基本的にいない!

逆に、ダイビングに向いていない人っているの?

結論から言うと、基本的にいません。

なぜなら、自分が向いていないと感じる人の多くはメンタル的な部分で悩んでおり、それらの多くは対処できるから。

例を挙げると、以下の通り

  • 海が怖い
  • 耳抜きができない
  • 泳ぐのが苦手
  • 海難事故が怖い
  • 船酔い、波酔いが心配

確かに怖い気持ちはわかりますが、上記に挙げた例は対処法が存在するので安心してください。

むしろ、上記の理由で避けているのであればとてももったいない!

インストラクターでも、最初は海が怖いと感じていたという人もいる!

ただし、健康上の理由は例外です。

  • 持病を持っている人
  • 心臓や肺などに疾患を持っている人

もし当てはまる人がいたら、一度医師との相談が必要です。

どこに受診すればいいかわからない場合、「DAN JAPAN」のDD NET(ダイバーズ ドクター ネットワーク)で調べましょう!

DAN JAPANとは?

一般財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会が運営している公益事業。「DD NET」や緊急ホットラインなどの医療関連サービスやダイビング中のケガについて補償する保険サービスを行っている。

詳しくは、以下の記事で解説しております。

詳細はこちら
ダイビングが向いていない人とは?その不安、解消します!
ダイビングが向いていない人とは?その不安、解消します!

ダイビングを始めるには?ライセンス取得までの流れを簡単に説明します!

  • ダイビングの魅力は理解したが、ライセンスを取得するにはどうすればいい?
  • どのくらいの期間で取れるの?
  • 講習では何をするの?

ここでは、「ダイビングライセンスを取得する流れ」を簡単にご紹介しますね。

ダイビングライセンスを取得する流れ
ネットでダイビングショップを探す
選んだショップで申し込みを行う
学科講習、プール講習、海洋実習(計4日)受講する
インストラクターから認定をもらったら、ダイビングライセンス取得!

こんな流れになります。

思いのほか、簡単に取れてしまう!

以下の記事では、「1人でも安心してダイビングを始める方法」を徹底解説しております。ご参考にどうぞ。

あわせて読みたい
1人でも後悔しないダイビングの始め方をプロダイバーが徹底解説!
1人でも後悔しないダイビングの始め方をプロダイバーが徹底解説!

【まとめ】特徴に当てはまらくても、始めてみたらハマる!

今回は、「ダイビングにハマる人の特徴」について徹底解説しました。

ダイビングにハマる人の特徴
  1. 自然に癒されたい人
  2. 生き物が好きな人
  3. 探検が好きな人
  4. 1人が好きな人
  5. 旅行が好きな人
  6. とにかく海が好きな人

上記の特徴が1つでも当てはまるのであれば、ダイビングを始めてみることをおすすめしますよ!

また、特徴に当てはまらなくても、一度始めてみたら「海の魅力」に引き込まれ、いつの間にかダイビングにどっぷりハマるパターンもあります。

少しでもご興味が湧いているのなら、まずは体験ダイビングから始めてみてはいかがでしょうか。

以下の記事では、「1人でも安心してダイビングを始める方法」を徹底解説しております。ご参考にどうぞ。

あわせて読みたい
1人でも後悔しないダイビングの始め方をプロダイバーが徹底解説!
1人でも後悔しないダイビングの始め方をプロダイバーが徹底解説!

以上が参考になれば嬉しいです。

ありがとうございました。

ダイビングライセンスを取得しよう!
cカードを持っていない人はこちら!
お試しでダイビングしてみたい人はこちら!
Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

ABOUT ME
kazu
kazu
プロぼっちダイバー
PADIダイブマスター(プロのライセンス)
一人でダイビングを始めて4年(2024年5月まで)で165本
沖縄が大好きで、年4回以上行くことを目標にいきております
【潜った場所】
富戸、IOP、逗子、伊東、大瀬崎、熱海、江の島、川奈、伊豆大島、串本、井田、雲見、八幡野、石垣島、竹富島、黒島、渡嘉敷島、西表島、奄美大島、久米島、宮古島、波照間島
記事URLをコピーしました